不定期日記:肆

バイクに乗ったり乗らなかったりして撮ってきた写真を晒す / R1200GS / SEROW / D610 / X-T20

△巡礼(長野編)

7/1~3の3日間、両親と沖縄へサガリバナを見るツアーに行く…筈だったが、7/1に沖縄を台風7号が直撃。飛行機が終日欠航のためツアーはキャンセル。お天道様には勝てないよ… orz

両親は実家にステイ。私は7/2・3に有休を取っているので、まるっと2日間空いてしまった。それなら、ということで長野・伊那方面の舞台を訪問することに決定。アニメ9・10話/原作3巻の「私の屍を越えてゆけキャンプw」コースで行くことにした。

平日なので高速も混まずにさくさくと進行。圏央道→中央道→中部横断道で白根インターまで進み、まずは夜叉神峠までのピストン。ちょうどステッカーキャンペーンをやってる、ということで、夜叉神峠ゲート手前の「夜叉神の森」を目指す。

www.yamanashi-kankou.jp

ぐねぐね山道はGSにとってお手の物(SEROWのほうが楽ではあるけど)。白根ICから小一時間で到着。

この時期はゲートは開いているが、監視員がいて許可車両だけ通している。 写真に写っているのは広河原まで行く乗合タクシー

f:id:Vorspiel:20180702111515j:plain

山ガールのお姉さんが待ち合わせしてた、登山口の東屋。

f:id:Vorspiel:20180702111712j:plain

で、ステッカーを貰おうとヒュッテに行ったら閉まってる orz 休日しか開いてないのか? 仕方ないので道を戻り、芦安の郵便局で受領。

続いては杖突峠。しまりんは原付なので下道をビィィィィィっと走っていくが、こちとら大型バイクなので高速で楽々。諏訪ICで降りてR152へ。

ちょうどいい時間なのでまず昼飯。高遠そば。

f:id:Vorspiel:20180702133916j:plain

適度に腹が膨れたところで、食堂脇の展望台へ。これはいい眺めだ。

諏訪湖方面。

f:id:Vorspiel:20180702135843j:plain

こちらは茅野方面かな。向こうの山は八ヶ岳か?

f:id:Vorspiel:20180702135641j:plain

駒ヶ根のスーパーで食材を買い出し。まだ15時ぐらいで、キャンプ場に向かうには少し早そうだったので、光前寺に寄ってから行くことにする。

思ってたよりもずっと大きな名刹だった。庭園に拝観料を取っているのも納得。カメラをバイクに置いてったのをちょっと後悔。

f:id:Vorspiel:20180702152431j:plain

f:id:Vorspiel:20180702152853j:plain

厳つい系の早太郎像。

f:id:Vorspiel:20180702153452j:plain

f:id:Vorspiel:20180702153847j:plain

犬みくじは残念ながら無かったので、代わりに御守りを受領。

f:id:Vorspiel:20180703203533j:plain

改めて陣馬形山のキャンプ場へ向かう。集落を過ぎると1.0車線のガチ山道。おまけに東から西へ向かう道なので、夕日で目潰しを食らう。ガードレールもない道なのでかなりひやひや。しまりんはここ真っ暗になってから走ったのか…w

通行止看板(偽)も無く、17時過ぎに無事キャンプ場に到着。平日だから誰もいないかな? と思ったら、意外にも10組ぐらいいた。早速荷物を下ろして設営開始。

テントを張ってエアーマットとシュラフを入れて、椅子と机を出して食材を…あれ? コッヘルとバーナー…持ってくるの忘れてる ○| ̄|_ 前日準備しておいたのに、食器棚に置きっ放しだ…

…ということは、持ってきたカレーめんもパックご飯も食えないし、さっき買った肉も焼けない。食べるものがない…オワタ\(^o^)/ 町まで戻って弁当買ってくるしかないか…

肉を持ち帰ったところで腐らせるだけなので、お隣さんに「あげます(かくかくしかじか)」と持っていったら、有難いことに焚き火台と小さいフライパンを貸していただけた。焚き火をやったことがなかったので不安だったが、手伝っていただいてどうにか火をおこせた。助かった…。

で、こんな感じで一人焼肉。

f:id:Vorspiel:20180702191324j:plain

お隣さんはBuellユリシーズで来てた、やっぱりソロキャンパー。翌朝もお湯を沸かしていただいてカレーめんを食べた。感謝しきり。

精神的に疲れたので、夕方に撮った写真はこの1枚だけ。暮れ始めの木曽駒ケ岳

f:id:Vorspiel:20180702185203j:plain

翌朝は霧。でも7時ぐらいから少しずつ晴れてきた。

山頂からの朝の駒ケ岳。

f:id:Vorspiel:20180703075421j:plain

超広角(20mm)も楽しい。

f:id:Vorspiel:20180703074713j:plain

巨大アンテナ。右方向の町は飯田かな。

f:id:Vorspiel:20180703075632j:plain

お隣さんに改めてお礼を言って撤収。山を降りてこまくさの湯へ。

www.komakusanoyu.com

入浴券とセットでミニソースかつ丼。なかなか美味かった。昨晩はよく眠れなかったので、寝落ちして早太郎にサラダを食べられないよう注意。

f:id:Vorspiel:20180703111213j:plain

最後に高ボッチ高原へ寄ってから帰ろう、ということで、中央道を岡谷で下りてR20を北上。

…工事通行止…だと… ○| ̄|_

f:id:Vorspiel:20180703130443j:plain

f:id:Vorspiel:20180703130430j:plain

崖の湯入口は松本のほう。距離もあるし、そちらからはかなりの山道で時間が余計に掛かりそうなので今回は断念。まあ日帰りで来られなくもない距離だしな…。

岡谷ICに戻る途中、R142新和田トンネルの看板を見かけたので、あれ? これはビーナスラインいけるんじゃね? とはたと気が付いた。で、予定を変更して車山肩を目指す。R142旧道で和田峠を目指すつもりが、ナビに指示されるままr199のこれまた超山道を駆け上がり、気が付いたら八島ケ原湿原の駐車場にダイレクトに出ていたw こんな道あったんだ…。

ビーナスラインはいつ走っても最高の道。今回は霧ヶ峰はスルーし、ダブルヘアピンを駆け抜けて車山肩の駐車場へイン。お目当ては勿論ころぼっくるひゅってのボルシチセット。金はあるんや!! (おっさんだから)

f:id:Vorspiel:20180703135424j:plain

リンに倣って「ドリンクはキャラメルマキアートで」と注文したら、キャラメルマキアートはキャラメルミルクコーヒーになったんです、とのこと。確かにメニューにはそう書いてあった。ノーチェックでキャラメルマキアートを注文するとゆるキャンパーとバレますw

ここでもカメラをバイクに置きっ放しでまた後悔。車山の方角もその西の方角も、気持ちのいい青と緑の世界。小学生の遠足なのか、車山肩から山頂目指して登り始めてる集団がいた。

f:id:Vorspiel:20180703140330j:plain

そのままビーナスライン~大門街道で諏訪ICまで戻り帰還。長野県から山梨県に入ると途端に暑くなるのは毎度のこと。それにしても、休日と違って高速はまったく渋滞なしで楽だねえ。

今回はともかくコッヘル&バーナーを忘れたのが痛恨だった。一方で、やっぱり焚き火はいいなあと。荷物がちょこっと増えるし後始末が面倒だけど、焚き火台買おうかなぁ…?

△巡礼(麓編)

ゆるキャン△を観て久しぶりにキャンプをやりたくなったものの、道具を数年前に買って一度キャンプしたっきり。この状態でいきなりテント泊は不安大なので、まずはデイキャンプでテントの張り方から思い出そうかなと。

6/2~3に休日出勤したので、6/4に休みを取って出発。折角だから△2・3話の舞台である朝霧高原ふもとっぱらへ行くことにした。

キャンプ場の前にちょっと観光。まずは白糸の滝に立ち寄る。以前に通りがかった時は今ひとつひかれずにスルーしてしまったが、いつの間にか駐車場やら何やらが整理されていい感じになっていた。

バイクを駐輪場に止めて滝方面へ。まずは隣接する音止の滝から。深山というほどでもない場所にしてはかなりの落差。

f:id:Vorspiel:20180604095710j:plain

そして白糸の滝。伏流水が岩肌から流れ出して川となっている。飛沫も感じられて大変涼しい。

f:id:Vorspiel:20180604100248j:plain

f:id:Vorspiel:20180604100720j:plain

適度に涼んだところで次の中継地、△11話で千明とあおいが寄ってた、キャンプ場近くの牧場へ。キャンプ場のほうは牧場のすぐ北側。

www.makaino.com折角だからソフトクリームを食べて、ついでに牛乳とソーセージを購入。

薪も売っていた。買い過ぎ注意。

f:id:Vorspiel:20180604104846j:plain

そのままR139を北上して朝霧高原へ。30分ほどでふもとっぱらに到着。

サイトまで車・バイク乗り入れ可能なので、受付を済ませたらさくさく入場。平日だというのに、キャンパーは数十組いた。

広々とした草原の向こうに富士山が見えるナイスロケーション。水場も点在してるので便利。

f:id:Vorspiel:20180604131259j:plain

やや奥まで進んでバイクを停め、設営を開始。この程度の不整地はGSにとっては楽勝だが、草むらの中に窪みがあったりするので要注意。

説明書を見ながら久しぶりのテント張り。30分ほどで完成。フライシートを掛けると死にそうに暑くなったので省略。

f:id:Vorspiel:20180604130517j:plain

前日に買ったチェアーがかなりいい感じ。ガスボンベの補充を買いに行ったのだが、リンが座ってるようなゆったりしたチェアーを見つけてつい買ってしまった。チェアーに座ってぼへーっとしてるだけでかなり幸せ。おかげで手の甲は真っ赤に焼けたが(^^;

昼飯はさっき買ったソーセージと、お約束のカレーめん。

f:id:Vorspiel:20180604121557j:plain

f:id:Vorspiel:20180604124441j:plain

腹が膨れたところで、カメラを持って場内を散歩。

でかい顔だ。

f:id:Vorspiel:20180604131515j:plain

ライオンか? ライオンなのか?

f:id:Vorspiel:20180604131900j:plain

こっちはトラだな。

f:id:Vorspiel:20180604131935j:plain

逆さ富士の写せる池のほうに歩いていったら足をグネった orz カメラとレンズはどうにか落とさずに済んだが、足場が悪いのにぼーっとしてちゃダメやね。歩けないほどのダメージじゃなくて助かった。

15時ぐらいから撤収開始。こちらも30分ぐらいで完了。折角だから富士山をぐるっと周り、道志みち経由で帰宅。

キャンプすること自体を目的にするのも楽しいですね。設営はとりあえずできそうな自信がついたので、テント泊も大丈夫かな。夏か秋にチャレンジしよう。

今回はトップケース&パニアケースに道具を全部入れたが、テントやエアーマットのようなかさばるものはシートに括り付けたほうが良さげ。

△巡礼(山梨編)

ゆるキャン△のゆるくないスタンプラリーに行ってきた。

yurucamp.jp

アニメのほうは放送終了後に配信で見て、日常系好きな私のツボにちょうどはまった。キャンプ道具は一応一通り持っているけど、実際にキャンプをしたことがあるのは一度だけ、でも見てると行きたくなる。基本ソロ行動派なのでしまりんの気持ちはよく分かるw

どうもツーリング先として行ったことがあったり名前を知ってたりする地名が多く出てくると思ったが、原作者のあfろ先生もライダーと知って納得。

さてスタンプラリーだが、今回は山梨県内のスポットのみ。だったら1日で全部回れるだろう、と楽観視。山道も多いので軽いSEROWで行くのがよかろう、と。しまりんのビーノと同じヤマハ車だしねw

…出かけようとしたらバッテリー上がってた orz 仕方ないのでGSに切り替え。まあ荷物を多く積めるのは楽だけど。

新東名の新清水ICからR52を北上、十島からr10に入る。まずはなでしこ宅の最寄り駅、内船駅から。写真には写っていないが、既に巡礼者多数。

f:id:Vorspiel:20180526113408j:plain

ナビに従ってR52に戻り、みのぶゆばの里に寄ってから身延駅前へ。ゆばの里は初めて寄った。というか、R52は何度も通ってるのに存在に全然気づいてなかった。

駅前の栄昇堂にてみのぶまんじゅうを購入。10個は食えないので2個だけ。店内には恵那とちくわ。

f:id:Vorspiel:20180526121549j:plain

続いて身延山。ロープウェー乗り場まで行ってスタンプを押し、戻って三門前の観光協会へ。

f:id:Vorspiel:20180526123524j:plain

なでしこコースはこれで走破。ステッカーをもらったので早速箱に貼る。

f:id:Vorspiel:20180526130848j:plain

続いてはあおいのバイト先のモデル、スーパーのセルバへ。がっつり乗っかっているw

f:id:Vorspiel:20180526132947j:plain

折角なのでメンチカツとカレーめんを購入。あおいのポップもあったでー。

f:id:Vorspiel:20180526133655j:plain

スタンプラリーの目的地ではないが、本栖高校のモデルになった旧下部小学校・中学校が道中にあったので寄っていく。何故か見覚えのある校舎と坂道。

f:id:Vorspiel:20180526140807j:plain

f:id:Vorspiel:20180526141641j:plain

そしてうねうね山道を通って四尾連湖へ。こういう時はGS重い…。

この緑はさすがのフジの発色やねー。

f:id:Vorspiel:20180526145225j:plain

しまりん休憩中。

f:id:Vorspiel:20180526145939j:plain

ホットチャイを飲みながらさっき買ったメンチカツを食べる。チャイはとってもスパイシーで美味しい。

f:id:Vorspiel:20180526150309j:plain

f:id:Vorspiel:20180526151047j:plain

疲れる山道を戻って本栖湖へ。先に本栖湖行ってから四尾連湖のほうが良かったかなぁ…。

この日は曇ってて富士山は見えず。おまけに目的地の浩庵のところでUターンゴケ。踏んだり蹴ったり orz

f:id:Vorspiel:20180526160726j:plain

浩庵の売店になでしこ。

f:id:Vorspiel:20180526160018j:plain

折角だから本栖湖畔でカレーめんを食べよう。湖畔の周遊道をぐるっと周り、浜辺に降りられる駐車場にバイクを止めて休憩。バーナーでお湯を沸かして遅い昼飯。

f:id:Vorspiel:20180526162714j:plain

残るは3箇所、山梨市駅からフルーツ公園方面。精進湖から左右口峠を越えて甲府盆地へ。改装中の山梨市駅に寄ってから丘を登りフルーツ公園。

…オーチャードカフェとっくに閉まってるじゃん orz 店は16:30閉店、建物は18時閉館、着いたのは18:20頃。出発時のSEROWのどたばたが無ければ閉館には間に合ってたな…。建物の外から千明のポップが見えてるのが恨めしい。

仕方ないのでここは諦めて、さらにその上のほったらかし温泉へ。ここも何度も来たことのある場所。

温泉でさっぱりした後はこれですな。

f:id:Vorspiel:20180526191440j:plain

f:id:Vorspiel:20180526191730j:plain

とろーり。

f:id:Vorspiel:20180526191805j:plain

さて帰宅前にもう一つ。フルーツ公園に戻って5話のこれをやるのだ。

f:id:Vorspiel:20180529203704j:plain

頑張ってみた。明るい単焦点は正義だが、それでも三脚無しではISO3200でどうにかこのぐらい。

f:id:Vorspiel:20180526202737j:plain

iPhoneでも撮ろうとしたがさっぱりうまくいかなかった。一発で撮ってるなでしこ&スマホすげえw

かなり遅くなったので、中央道も東名も渋滞にはまらずさくさく帰宅。セルバで買った△ステッカーは、翌日バッテリー交換したSEROWのナックルガードに貼った。

f:id:Vorspiel:20180527131902j:plain

フルーツ公園は惜しかったが、まあいつでも行ける距離だし、次に行った時にスイーツ食べよう。そういや東山さんがノートに記帳したとか言ってたっけ。

あとは静岡と長野の聖地やな。特に長野。ビーナスラインに高ボッチ、杖突峠を越えて陣馬形山、それと山梨だけど夜叉神峠も。さすがにこっちは1日じゃ無理なので、2回に分けるか、それともキャンプにチャレンジするか…?

入手成功

前回予告した△巡礼の前に一つネタが増えました。

最近はてな界隈のすごい写真の人達が話題にしている「うまくて生姜ねぇ!!」。

www.adm-food.jp

ブログやtwitterを見てると非常に好評のよう。

yamasha-log.net

moognyk.hateblo.jp

辛いもの好きで福島県出身者の私としては食べてみたかったのですが、自宅近所のカルディには入荷なし。GW前に知ってれば帰省した時に調べたのに…と思っていましたが、ちょうど今週末に法事があったので参列ついでに探してきました。

結果、道の駅あだち(下り線)であっさり発見。

f:id:Vorspiel:20180520211823j:plain

左のが標準タイプ、右のはハバネロ入り。

普段まったく自炊をしないズボラなので、とりあえずご飯と冷奴に乗せてみようかな。食べたら感想を追記します。

 

5/21追記: やりました。

f:id:Vorspiel:20180521222628j:plain

TKGと豆腐と唐揚げにだばっと。

生姜のスパイシーな辛さを期待していたところ、案外甘めな味付け。まあそれはそれで良いけど、辛さについてはハバネロ入りのほうに期待かな。逆に言えば、生姜の風味は残しつつまろやかな味なので使いやすいかも。

雨の谷根千

5/13のニコンカレッジ講座。

recept.nikon-image.com

午前に新宿で簡単に講義、それから日暮里駅へ移動して谷根千を散策。

残念ながらこの日は天気が悪く、日暮里駅を出発して10分ほどで雨が降り出した。傘をさしながら写真を撮るのは面倒。タオルでカメラをくるみ、濡れたら拭いて、の連続。レインカバーなんかも売ってるけどねえ…。自分で撮るのが億劫なぶん、講師の先生がお手本として撮って見せてくださったのはありがたかったが。

ともあれ撮った中から何枚か。もう露出を正確に合わせながら、とかやってられないので、露出ブラケットでささっと撮って、後でセレクション+現像で対応。

f:id:Vorspiel:20180513135134j:plain

f:id:Vorspiel:20180513141800j:plain

ピント甘いなー。

f:id:Vorspiel:20180513144347j:plain

もうちょい絞って、花も被写界深度内に入れたい。

f:id:Vorspiel:20180513140936j:plain

f:id:Vorspiel:20180513150057j:plain

根津神社。鳩も雨宿り。

f:id:Vorspiel:20180513151459j:plain

f:id:Vorspiel:20180513152504j:plain

伏見稲荷神社っぽい鳥居群。

f:id:Vorspiel:20180513152321j:plain

f:id:Vorspiel:20180513152330j:plain

いろいろと面白い被写体もあるので、雨が降ってない時にまた来たい。谷中銀座の店は撮影お断りが多いので、そこは外す方向で。

次回予告: 再来週に山梨方面へ巡礼予定。雨降るなよ…

ゴールデンウィーク

初日4/28にかやふぇしゅへ行って、翌日から長野へ。友人の別荘に泊まって、ゲームやったり温泉行ったり飯食ったり酒飲んだり。

今回プレイしたゲーム一覧。

  • コヨーテ
  • ラブレター (プリンセスワンダー版)
  • Dixit
  • Kill Doctor Lucky
  • Scythe
  • King's Court (Brand New Court)
  • 6 nimmt!

Scytheプレイ中。私は白軍。5人プレイだと盤面が狭い…

f:id:Vorspiel:20180430105131j:plain

蓼科湖のあたりへ蕎麦を食いに行った。まだ桜が残っていた。

f:id:Vorspiel:20180429135140j:plain

ちょこっと観光も。諏訪大社上社前宮。東方風神録の聖地なのでカフェがゆっくり。

f:id:Vorspiel:20180501143951j:plain

5/2に撤収してそのまま実家へ里帰り。折角なのでビーナスラインを通り抜けて上信越道から。

5/3は雨なので部屋でごろごろ。

5/4~5は三陸方面へ家族旅行。仙台から義弟の車で三陸道を進む。

気仙沼で昼飯後、陸前高田へ。奇跡の一本松を見物。

f:id:Vorspiel:20180504145225j:plain

根元にはやなせたかし先生画のモザイクタイル。

f:id:Vorspiel:20180504145825j:plain

泊まったのは南三陸町のホテル観洋。

www.mkanyo.jp

部屋からは志津川湾がよく見える。

f:id:Vorspiel:20180505061929j:plain

後で聞いた話によると、3/11の津波では写真右の島が完全に水没したそうだ…。

カモメやウミネコがやってくるので、かっぱえびせんで餌付け。すっかり慣れている。

f:id:Vorspiel:20180504175803j:plain

f:id:Vorspiel:20180504175849j:plain

翌朝、このホテルの名物「語り部バス」で南三陸町の被災地見学。1時間ほどの行程。

戸倉地区の避難場所。高台にあるのだが、建物の1階まで水没したそうだ(海抜21mまで。建物の窓ガラスに、高さを示す張り紙がある)。時計はこの地区が停電した時刻で止まっている。

f:id:Vorspiel:20180505090422j:plain

小学校跡。跡形もない。

元々、地震津波が予想される時の避難場所は小学校屋上だった。しかし3/11の数日前、この地区出身の教諭の提言で、避難場所を写真右手の丘にある神社に変更していた。結果、それが児童と教諭の命を救った、というわけ。

f:id:Vorspiel:20180505091218j:plain

地震発生時に老人会が開かれていた宴会場。本来の避難場所まで逃げさせたのでは間に合わない、ということで、屋上に避難させたとのこと。水位を示す青い掲示が取り付けられている。

建物の外から来る津波を警戒していたら、下の階のガラスを突き破って入ってきた水が噴水状に階段を上がり、建物の中からも襲ってきた、という話も。

f:id:Vorspiel:20180505093016j:plain

避難放送を続けていた職員が亡くなった、という件で有名になった防災庁舎跡。ここだけはバスから降りて、合掌してから見学。

なお亡くなった職員は、津波に飲まれるまで放送を続けていたのではなく、その少し前に上司からの指示で避難したそうだ。残念ながら上司共々亡くなった訳だが…。

f:id:Vorspiel:20180505094927j:plain

仙台までの帰路、北上川河口付近にてあの大川小学校跡地を通りがかったので寄っていく。

f:id:Vorspiel:20180505114104j:plain

ひしゃげたスピーカー。

f:id:Vorspiel:20180505114643j:plain

裏手の丘。急斜面にも見えるが、奥側は緩やかになっているし、後知恵で考えればここに登るのがベターだったよな、とは言える。

f:id:Vorspiel:20180505114121j:plain

実際には写真左手の橋のほうへ行ってしまったわけだが。

f:id:Vorspiel:20180505115109j:plain

最後に石巻へ立ち寄り。石ノ森章太郎先生の出身地なので、そこらにおなじみのキャラ。

f:id:Vorspiel:20180505144803j:plain

f:id:Vorspiel:20180505144854j:plain

f:id:Vorspiel:20180505151618j:plain

郷里の桜

今春の桜巡りのラスト、福島の桜。日曜(4/15)は天気が悪そうだったので土曜に出発。

まずは三春滝桜。日本三大桜の一つと呼ばれているが、私はここが一番好き。

miharukoma.com

例によって早朝に出発し9時前に現地着。例年だと三春町運動公園からシャトルバスに乗るが、これだけ早いと渋滞が始まる前に桜のそばまで行けた。

では早速写真を。今回もエセルナです。

ここも先週がピークだった感じ。とはいえ、日当たりが悪い山側はまだまだ花が残っていた。

f:id:Vorspiel:20180414092120j:plain

f:id:Vorspiel:20180414092826j:plain

f:id:Vorspiel:20180414094714j:plain

f:id:Vorspiel:20180414101705j:plain

桜吹雪。この日はスローシャッターで流すより高速で止めたほうがいい結果だったように思う。

f:id:Vorspiel:20180414100617j:plain

f:id:Vorspiel:20180414103203j:plain

山側にはソメイヨシノ。小鳥の姿も。

f:id:Vorspiel:20180414102027j:plain

f:id:Vorspiel:20180414102205j:plain

そしてもう一箇所、合戦場のしだれ桜へ。滝桜の孫桜だそう。

www.tif.ne.jp

滝桜よりもう少し花が残っている感じ。

f:id:Vorspiel:20180414113908j:plain

f:id:Vorspiel:20180414114817j:plain

f:id:Vorspiel:20180414120446j:plain

向かい側の駐車場まで歩道が整備されていて、そちらも綺麗。

f:id:Vorspiel:20180414114326j:plain

f:id:Vorspiel:20180414114839j:plain

駐車場側から。

f:id:Vorspiel:20180414115528j:plain

f:id:Vorspiel:20180414115906j:plain

元々はこちらのお宅の私有地だったのを開放していただいているとのこと。感謝。

f:id:Vorspiel:20180414120110j:plain

夕方になると天気が崩れそうなので、昼過ぎには帰り始めることにした。その前に昼飯。

ということで、二本松駅前のなみえ焼きそばの店、杉乃家へ。

tabelog.com

元々は勿論浪江町にあった店。震災で二本松に避難し、以来こちらで店を開いている。

この日もそこそこの賑わい。私はすぐ入店できたが、その次のお客は暫く待たされていた。

大盛り。焼きうどんかと思うほどの太麺に大量のもやし、そして豚バラ。

f:id:Vorspiel:20180414125056j:plain

満腹になったところで帰路へ。渋滞もなく順調…と思っていたが羽生の先で事故渋滞 orz 止むを得ないので羽生PAで一休み。鬼平の世界がテーマ、ということで暇つぶしがてらちょっと写真を。

f:id:Vorspiel:20180414165618j:plain

f:id:Vorspiel:20180414170002j:plain

f:id:Vorspiel:20180414170025j:plain

f:id:Vorspiel:20180414170137j:plain

これにて今年の桜巡りは終了の予定。来年までまた腕を磨いておく。