不定期日記:肆

バイクに乗ったり乗らなかったりして撮ってきた写真を晒す / R1200GS / SEROW / D610 / D500 / X-T20

現像環境更新

長年使ってきたiMac(Late 2012)がそろそろ性能的に厳しくなってきたので、夏ボーナスで現像環境をアップデート。いい機会なので、ディスプレーもカラーマネジメント対応品にすることにした。

本体は、Mac Proはさすがにオーバースペック、Mac miniMacBook Airではマシンパワーに不満が出そうなので、MacBook Proを選択。13インチと15インチで少し悩んだ結果、それほど持ち歩かない前提なので、メモリが32Gbyte積めてCPUもより速いほうがいいかな、ということで15インチにした。

www.apple.com

ディスプレーはBenQのSW240。おなじみstudio9を始め、いろいろなサイトで「コスパ良いカラマネディスプレー」としてお勧めされていたのでチョイス。値段もこのぐらいならまあ手が出せる。

photo-studio9.com

勿論キャリブレータも入手。

X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035

X-rite エックスライト ディスプレイキャリブレーションツール i1Display Pro アイワン・ディスプレイプロ KHG1035

 

 

iMacからMBPへのデータ移行は案外簡単。MacOS標準の移行アシスタントを使うと、ほとんど設定不要で移行完了。但し、数百GbyteのデータをギガビットLANで転送するのに一晩掛かった。

写真データ等は外付けHDDとかネットワークドライブに置いてあるのでコピーは不要。USB HDDはMBPにつなぎかえ、ネットワークドライブはマウントするだけで完了。Lightroom等のアプリからも全く問題なくアクセス可能。

 

その他諸々の移行は1週間ほどで完了。ディスプレーのキャリブレーションもどうにか。

色空間は折角だからAdobeRGBで調整しているが、今までより赤味が強く出てるように感じる。特に人肌。ウェブサイトに載ってる人物写真が、日焼けしたかのような色合いに見えることも。自分が撮った写真はそんなことはないのだが。