不定期日記:肆

バイクに乗ったり乗らなかったりして撮ってきた写真を晒す / R1200GS / SEROW / D610 / X-T20

夏休みツーリング (その2)

その1から続く。

8/6: 十和田→大間

3日目も雨模様のスタート。津軽半島の先端、竜飛岬を目指す。

十和田湖畔の(晴れてたら)気持ちいい道を走り抜け、R454→R102で黒石へ。ここから少しだけ東北道に乗るつもりだったが、それもつまらないし十三湖のほうを通っていくのもいいかな、と思い直した。

コースを考えると、ちょっと西に進んで弘前に入り、R7→R339で行くのが良さそう。弘前と言えば…と思いついて藤田記念庭園に立ち寄る。

www.hirosakipark.or.jp

洋館。うん、大正浪漫でコンクルシオですね。

f:id:Vorspiel:20180806094819j:plain

庭園も好きなので寄りたかったが、時間が微妙なので断念して先を急ぐ。

五所川原を過ぎると車も減ってくる。十三湖の先は海沿いの竜泊ライン。

f:id:Vorspiel:20180806120149j:plain

気持ちのいい道を延々と走ってやっと到着。この頃にはすっかり晴れていた。

津軽海峡冬景色の碑。彼方には北海道が見える。余談だが、私の妹は函館在住当時、自分自身の結婚式二次会で何故かこの歌を熱唱しやがったw

f:id:Vorspiel:20180806124348j:plain

階段国道。歩いて降りる気力はなし。

f:id:Vorspiel:20180806124825j:plain

自衛隊施設と北海道。

f:id:Vorspiel:20180806130223j:plain

翌日に大間から函館に渡るため、今日の宿は大湊。蟹田から脇野沢へのフェリーに乗れば陸奥湾を渡って楽ができるので、時間を見ながら東へ進む。

今別からr14に入ってショートカット。途中にある北海道新幹線奥津軽いまべつ駅。駅だけがぽつんと建っている。

f:id:Vorspiel:20180806134838j:plain

予定より順調に進み、蟹田のフェリーターミナルに到着。これで休憩しながら楽r

…おいまじか

f:id:Vorspiel:20180806141419j:plain

陸奥湾をぐるっと自走かぁぁぁ… orz

嘆いてても仕方ないので、R280バイパス→R7→R4→みちのく有料道路→R279とざくざく進行。雨も降り出すし踏んだり蹴ったり。下北半島に入ると人家もすっかり少なくなり、地の果て感が出てくる。

この日の宿は大湊市街外れの丘の上に建つ、ちょっと高級感のある温泉宿。そろそろ疲れが溜まってくる頃かと思って、良さげな宿をとっておいた。

www.mghotel.jp

いい湯に浸かって美味い飯を食ってふかふかベッドでぐっすり。

ところで、北海道からの帰りは8/9夜発の室蘭→宮古フェリーを予約していたのだが、台風により運休のお知らせが… orz コース変えなきゃ。

8/7: 大湊→函館

朝起きたら曇り空の向こうに恐山。

f:id:Vorspiel:20180807060642j:plain

折角だからそっちを走っていくことにする。r4は宇曽利山湖までの登りは快適な山岳路だが、そこから大畑までの下りはガチな険道と化す。

ともあれR279をひた走り、遂に本州最北端に到達。

f:id:Vorspiel:20180807100356j:plain

大間と言えばマグロ、ということでこんな一本釣りのモニュメントも。

f:id:Vorspiel:20180807100503j:plain

折角だからマグロを食うかな、とも思ってたが、昼飯にはまだ早いし、大間崎近辺には寂れかけた土産店ぐらいしかないし、ということでさっさとフェリー乗り場へ向かう。

f:id:Vorspiel:20180807105524j:plain

函館までは2時間弱の航路。カモメも乗船中。

f:id:Vorspiel:20180807122821j:plain

適当にごろごろしているうちに無事到着。まずは昼飯。

函館で飯と言えばラッキーピエロでしょう。

luckypierrot.jp

フェリーターミナル近くの店舗に入り、安直にセットを注文。チャイニーズチキンバーガーとラキポテとウーロン茶。

f:id:Vorspiel:20180807142703j:plain

ラキポテは初めて食べたが、マグにフライドポテトを入れてグラタンソースと粉チーズを振ってある。分かりやすくジャンクな味。だがそれがいい

宿のチェックイン時間にはちょっと早かったので、少しだけ寄り道。副長最期の地。

f:id:Vorspiel:20180807150849j:plain

ホテルは駅前の安宿。思ってた以上にボロかったが…まあ泊まるだけなら問題なかろう、と割り切った。

荷物を下ろして一休みしたところで、夜景を見るために函館山へ向かう。ロープウェーは混むだろうと予想して、駅前からバスで登頂。

山頂着は18:30頃。18:50ぐらいに日没なので展望台へ向かうが、既に大混雑。フェンスの前には人だらけ。一応三脚を持っていったが全くの無駄。

f:id:Vorspiel:20180807183134j:plain

展望台の最上段まで登り、できるだけ前に詰めて日没を待つが、最前列の人達は動くわけもなく。仕方がないので、カメラをライブビューモードにして腕を上に伸ばしてどうにか撮影。

定番の構図だが頑張った。

f:id:Vorspiel:20180807190149j:plain

寒さに震えながら再びバスで山を降り、適当に飯を食ってホテルに戻り就寝。

その3へ続きます。