不定期日記:肆

バイクに乗ったり乗らなかったりして撮ってきた写真を晒す / R1200GS / SEROW / D610 / X-T20

△巡礼(麓編)

ゆるキャン△を観て久しぶりにキャンプをやりたくなったものの、道具を数年前に買って一度キャンプしたっきり。この状態でいきなりテント泊は不安大なので、まずはデイキャンプでテントの張り方から思い出そうかなと。

6/2~3に休日出勤したので、6/4に休みを取って出発。折角だから△2・3話の舞台である朝霧高原ふもとっぱらへ行くことにした。

キャンプ場の前にちょっと観光。まずは白糸の滝に立ち寄る。以前に通りがかった時は今ひとつひかれずにスルーしてしまったが、いつの間にか駐車場やら何やらが整理されていい感じになっていた。

バイクを駐輪場に止めて滝方面へ。まずは隣接する音止の滝から。深山というほどでもない場所にしてはかなりの落差。

f:id:Vorspiel:20180604095710j:plain

そして白糸の滝。伏流水が岩肌から流れ出して川となっている。飛沫も感じられて大変涼しい。

f:id:Vorspiel:20180604100248j:plain

f:id:Vorspiel:20180604100720j:plain

適度に涼んだところで次の中継地、△11話で千明とあおいが寄ってた、キャンプ場近くの牧場へ。キャンプ場のほうは牧場のすぐ北側。

www.makaino.com折角だからソフトクリームを食べて、ついでに牛乳とソーセージを購入。

薪も売っていた。買い過ぎ注意。

f:id:Vorspiel:20180604104846j:plain

そのままR139を北上して朝霧高原へ。30分ほどでふもとっぱらに到着。

サイトまで車・バイク乗り入れ可能なので、受付を済ませたらさくさく入場。平日だというのに、キャンパーは数十組いた。

広々とした草原の向こうに富士山が見えるナイスロケーション。水場も点在してるので便利。

f:id:Vorspiel:20180604131259j:plain

やや奥まで進んでバイクを停め、設営を開始。この程度の不整地はGSにとっては楽勝だが、草むらの中に窪みがあったりするので要注意。

説明書を見ながら久しぶりのテント張り。30分ほどで完成。フライシートを掛けると死にそうに暑くなったので省略。

f:id:Vorspiel:20180604130517j:plain

前日に買ったチェアーがかなりいい感じ。ガスボンベの補充を買いに行ったのだが、リンが座ってるようなゆったりしたチェアーを見つけてつい買ってしまった。チェアーに座ってぼへーっとしてるだけでかなり幸せ。おかげで手の甲は真っ赤に焼けたが(^^;

昼飯はさっき買ったソーセージと、お約束のカレーめん。

f:id:Vorspiel:20180604121557j:plain

f:id:Vorspiel:20180604124441j:plain

腹が膨れたところで、カメラを持って場内を散歩。

でかい顔だ。

f:id:Vorspiel:20180604131515j:plain

ライオンか? ライオンなのか?

f:id:Vorspiel:20180604131900j:plain

こっちはトラだな。

f:id:Vorspiel:20180604131935j:plain

逆さ富士の写せる池のほうに歩いていったら足をグネった orz カメラとレンズはどうにか落とさずに済んだが、足場が悪いのにぼーっとしてちゃダメやね。歩けないほどのダメージじゃなくて助かった。

15時ぐらいから撤収開始。こちらも30分ぐらいで完了。折角だから富士山をぐるっと周り、道志みち経由で帰宅。

キャンプすること自体を目的にするのも楽しいですね。設営はとりあえずできそうな自信がついたので、テント泊も大丈夫かな。夏か秋にチャレンジしよう。

今回はトップケース&パニアケースに道具を全部入れたが、テントやエアーマットのようなかさばるものはシートに括り付けたほうが良さげ。