不定期日記:肆

バイクに乗ったり乗らなかったりして撮ってきた写真を晒す / R1200GS / SEROW / D610

ラスベガスのこと(銃撃事件遭遇記)

10/1~7の1週間、ラスベガスで開催のNetApp Insight 2017に参加するため出張。会場がたまたま、銃撃事件の現場となったMandalay Bayで、私が宿泊したのもそこだったため10/1の晩は大変でした。その辺りも含めて、仕事以外の話を。

まずは今回の位置関係。(地図をクリックするとGoogle Mapsへ飛びます)

f:id:Vorspiel:20171008212329j:plain

Mandalay Bayと隣のLuxor、その隣のExcaliburはいずれもMGM系列のホテルで、館内通路で相互に移動可能。*1

以下目次。

10/1のこと

事件発生前

今回は自分で飛行機・宿等を予約するのではなく旅行会社のツアー形式。10/1の昼過ぎに成田に着き、旅行会社のカウンターで手続きを済ませて搭乗。*2

Mandalay Bayには現地時間の午後に到着。(以下すべて現地時間。Twitterログについては、時刻表示はJSTなので-16時間すると現地時間に) 荷物を部屋に置いて一休み後、同じツアーの参加者&NetApp Japan社員合同のウェルカムパーティ@Stratosphere Towerへ。*3

タワー最上階からの光景。Las Vegas Strip(大通り)は写真の下中央から上がっていって左方向に曲がっていく。写真左、上方に登っている光はLuxorのピラミッドのてっぺんから放たれているレーザー光。

f:id:Vorspiel:20171002122202j:plain

パーティからホテルに戻ったのが21時過ぎ。すぐ休んでもよかったのだが、折角だからちょこっと観光したい、ということで外出。Ocean's Elevenが好きなので、ラスト前のシーン、作戦を成功させたOceansが見ているBellagioの噴水を観に行きたかった。私の他に、仕事で付き合いのあるNetApp Japan社員1名と、同行した弊社社員2名の合計4名でタクシーで出発。

f:id:Vorspiel:20171008212330j:plain

結果論として、ここで外に出ていたことが幸いした。

まずは噴水を楽しむ。華麗。


Fountains of Bellagio

事件発生

Bellagio近くのドラッグストアでミネラルウォーターを購入。22時過ぎに再びタクシーに乗り、ホテルに戻る。同行のNetApp Japan社員はLuxorに泊まっているので、まず近いLuxorに寄ってからMandalay Bayへ行く順番。

しかし様子がおかしい。まずStripが異常に渋滞している。常に渋滞している道とは言え、行きはそこまで詰まってはいなかった。道の前方(南方向)にパトカーが見えたので*4、大きな交通事故でも起きたか? と思った。

どうやらStripはパトカーの辺りで通行止めになっているらしかったが、タクシーの運ちゃんは道をよく知っているので西方向へ方向転換し、ホテル敷地内の道を通り始めた。今度は進行上、Luxorより先にMandalay Bayに着くことになった。

ところが、Mandalay Bayの正面には警官がおり、理由は言わないものの停車を禁じられる。運ちゃんも乗客の我々も「??」のまま、どうにも仕方ないのでそのままLuxorへ。

f:id:Vorspiel:20171008212332j:plain

Luxorに向かう途中、何だか落ち着かない様子の歩行者を多数見かける。赤信号なのに渡ろうとするぐらい。そのうちの一人が、私達の乗っているタクシーに向かって「友達が撃たれた! すぐ病院に連れてって!」とか叫んできたが、いや俺達乗ってるし、まあStripの通行止でタクシーが捕まらなくてなんかカマしてるのかな、とかちょっとだけ思っていた。

で、Luxorでは無事降りられたのだが、館内に入るとやっぱり様子がおかしい。カジノは開いてはいるが、ディーラーはいないしカジノ内のバーも閑散としている。警官の姿もところどころに見える。バーにあるテレビ画面を見上げると…

f:id:Vorspiel:20171001231032j:plain

マジかよ…

とりあえずGoogle Newsで情報収集。マジだ…しかもめっちゃうちらのホテルじゃねえか…。さっき「撃たれた」って言ってたの、あれも本当かも…。

バーでTVを観てる人の中には、机の下に隠れて椅子で簡単なバリケードを作り始める人も。そういうのに手馴れている人がいるのが、何と言うか銃社会アメリカ的。

放浪

そうこうしているうちに、先ほどのディナーに参加していた、他のInsight参加者やNetApp Japan社員も何人か集まってきた。さてどうしようかと。

ここに警官がいるってことは、犯人が大人数でない限りおそらく直近での危険は少ないだろうと判断。とは言っても現場から遠ざかるにこしたことはないので、館内通路を通ってExcaliburへ避難。

f:id:Vorspiel:20171008212326j:plain

ひとまずフードコートに陣取り、1店だけ開店している店を横目にTVを観続ける。ツアー会社から携帯に安否確認の電話が来たので、現在位置と我々の無事を報告。そんな中、向こう側から走ってくる人が。釣られて一部の客がパニックを起こし、同じ方向に走り出す。私は驚いて身を屈めたが、銃撃音が聞こえるわけでもなく、人が来た方角もLuxorの反対のほうだからたぶん大丈夫だろう、と。

とは言え、いつ解決するかさっぱり分からない。今晩Mandalay Bayに戻れるかは怪しいな、ということで、Excalibur内で更にMandalay Bay/Luxorから離れる方向に移動し、カジノ内のバーでまた一旦腰を下ろす。こちらも店員不在、警官が警備中、TVはニュースが流れっぱなし。外に出ようにも、Stripは当然歩道も含めて封鎖されてるため、ここにいるより他にどうしようもない。

f:id:Vorspiel:20171001235529j:plain

とはいえ酒も飲めず、カジノで遊ぶ気にもなれず。しびれを切らして、そろそろLuxorになら戻れるんじゃ? とそちらへ向かってみたがやはり警官に制止される。曰く、今SWATが各部屋の安全を確認してるから、それが終わるまでバンケットホールで待ってろ、ということでホールに移動させられることに。既に深夜1時頃。

ホールの入口では、警官がボディと荷物のチェック。そこそこ広いホールだが、既に人が大勢。積まれている椅子を展開して座り、ひたすらGoogle Newsを見ながら待つ。

ホテル従業員がブランケットを配り始めたので、これは朝までこの部屋かな、と覚悟。警官が入口にいて安全が確保されてることだけが気休め。

横になってうつらうつらしていたら同行者に起こされる。Luxorの客室が解放されたのでそちらに行けるぞ、と。つまり、同行していたNetApp Japan社員の部屋を借りて休めるということ。それまで水500ml×12本をずっと持ち歩くのが面倒だった。

f:id:Vorspiel:20171008212328j:plain

ニュースが伝える犠牲者数は徐々に増えていき、どうも米国史上最悪の単独犯銃撃事件になったようだ、ということを把握。とはいえどうやらLuxor内は本当に安全になったぽい、ということで人心地ついたものの、本来1人で泊まっている部屋に3人が押しかけたのでちょっと落ち着かない。*5

寝直す気にもなれなかったので、折角だからちょっとカジノで時間を潰す。

そこへNetApp Japan社員から電話。Luxor内のフードコートで、朝飯を食える店が開いたとの連絡が来たので、弊社社員間で連絡をとってフードコートで合流。

収束へ

フードコートには我々の他にも数人の参加者とNetApp Japan社員達がいた。ともかく朝飯を食べる。

その間に今後の行動を相談。イベントの初日は必然的にキャンセルとなったため、今日(10/2)は休養日。NetApp Japan社員間で調整して、我々参加者を部屋で休ませていただけることになったので、食べ終わったところで移動。今度はベッドを借りて寝る。

そこに携帯への着信で起こされる。旅行会社から、やっとMandalay Bayの客室も安全が確保されたとの連絡。これで部屋に置きっ放しの服に着替えられるし、携帯のバッテリーも他の人と譲りあわなくとも充電できるし自分のベッドで寝られる。

自室に戻れたのは朝の8:30頃。

f:id:Vorspiel:20171008212331j:plain

後日談

我々は事件発生当時ホテルを離れていたため、部屋に10時間ほど戻れないだけで済んだ。ウェルカムパーティ後、そのままMandalay Bayの客室にいた人達は更に大変だったらしい。

以下は伝聞なので細部に間違いがあるかもしれないが、と断った上で:

  • 事件発生後、Mandalay Bayの客室にいた人達は安全のため警官によって部屋から出され、我々同様にMandalay Bay内の別の部屋で待機させられたらしい
  • 深夜便で到着し、Mandalay Bayに宿泊予定だった人は当然ホテルに入れず、深夜の屋外で待たされる羽目になったらしい
  • 最悪なのは犯人と同じ32階の部屋に泊まっていた人で、突然入ってきた警官に銃を突きつけられて手錠を掛けられ、(すぐ分かっただろうとは思うが)無害と確認されるまで拘束されたらしい

NetApp Insightのほうは、2日目(10/3)からほぼ予定どおり再開。とはいえ、参加者のうち相当数は、勤務する会社からの指示でイベント参加を取りやめて帰国。

弊社? 安否確認の連絡はありましたが、帰ってこいとは言われませんでしたが何か? まあ思想的バックグラウンドのはっきりしない単独犯の犯行だし、警戒も強化されてるから再発はないだろう、とは思ってましたがね。

それ以降のこと

仕事の話は当然社外秘だしInsightの話はNDAなので、あとは仕事の合間に行った観光の写真でも。とは言えStrip南部とdowntownだけですが。

初日の話がかなり長くなったので別記事に分けます。

vorspiel.hateblo.jp

*1:モノレールもあるよ

*2:添乗員の女性の名前が(名だけ)某声優と同じだったのですぐ覚えたw

*3:前述地図の外、北のほう

*4:おそらくExcalibur北東角かその1ブロック北の十字路

*5:同行してたNetApp Japan社員は、気を使ってくださって他のNetApp Japan社員の部屋へ移動